スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リラックスと集中
2010年06月13日 (日) | 編集 |
愛犬に落ち着いて指示をきかせられるようにするのに
大事なのは、
マッサージやスキンシップでリラックスさせる事と、
障害物などを克服させることで、頭を使わせ集中力をつける事

見知らぬ人やワンコが怖くて吠えてしまうシュ君。
Tタッチでいつもより時間をかけてリラクゼーション

その後ターゲットタッチで遊んで、

ttouch613.jpg

touch613.jpg

ママも上手に手だけの誘導で迷路をクリアさせました

最後は自発的なフセで落ち着かせます。

huse613.jpg

青年期の落ち着かない頃のトレーニングにもこれは有効です

syougaibutu613.jpg

kuria613.jpg

それぞれ色んな障害物にチャレンジして

jihatuhusemaro613.jpg

husekoko613.jpg

huse613cri.jpg

フセで落ち着かせます。

今日からいよいよ基本クラスに上がったプリンちゃん。
ちょっと怖がりで、
お散歩の時にスムーズに歩いてくれないので、
ツイテでスムーズに歩けるようになりたいとのことでしたが、、、

ターゲットタッチで本日あっさりクリア

tuite613.jpg

しかもノーリードです。

もちろん障害物にもチャレンジ

chareng613.jpg

板の上はすぐにできたので、
セシルの初期の練習用シーソーにチャレンジして、、、
恐る恐るだったけど、すぐにクリア
セシルより早いじゃん

そしてパピーⅡではできなかった自発的なフセもとうとうクリア

jihatuhuse613.jpg

papa613.jpg

しかもそのまま落ち着いてキープ

活発な子も、怖がりの子も
トレーニングを継続していれば、
パピーⅡを卒業する頃にはみんな必ず落ち着いてきます。

パピークラスで思うようにいかなくても、
心配いりません。
とにかくトレーニングを続ける事これが大事です


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。