FC2ブログ
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛犬とのコミュニケーション
2010年05月22日 (土) | 編集 |
5月22日
パピークラス3回目のバルク君。
パピーのころは色々な事を試して苦手な事を見つけ、
早く対処することも大事なことです。
自分でジャンプするときはものすごく飛び上がっても、
ミニアジリティの一番低いハードルでも
すぐに超えることはできません。
スラロームの鉄の細い板でさえまたぐのに最初は躊躇します。
でも、こんななんでもない事でも、
一つ一つ克服することで自信をつけさせ、
これから出会うであろう様々な刺激に
過剰な反応を示さないようにしていきます。

まず小さな箱をくぐらせようとしたのですが、
バルク君これは何のためらいもなくスルー

でも箱の上での姿勢の移行では、
やはりフセに苦戦
でもおやつを食べさせながら箱の上でリラックスさせ、
なんとかクリアしました

hakoosuwari522.jpg

hakohuse522.jpg

基本の動作がだいぶできてきたので、
クリッカーを使って自発的な注目に挑戦

アイコンタクトをしたらクリッカーをならしてご褒美をあげ、
視線をそらして、またアイコンタクトをしたらクリックしてご褒美、、、
これを繰り返しているうちに、
いつのまにかツイテ歩くができちゃいました

tuite522.jpg

osuwari522.jpg

初めてのクレートトレーニングもバッチリ

kureto5222.jpg

kureto5223

最後はカメラ目線でナイスショット

kameramesen522.jpg

これも「オスワリ・マテ」ができてこそです。


午後最初はパピーⅡのチャッピーちゃん。
少し落ち着きが出てきたけど、
ちょっと怖がりなチャッピーちゃん。
怖がり克服もやはりいろんな事で遊びながら、
一つ一つ克服して自信をつけさせることが一番

まずは小さな箱の通過

hakotuuka522.jpg

箱を並べて長くしても通過できました

苦手のシャカシャカ音が鳴るフラフープも、、、

hura522.jpg

通過

基本の動作も一つ一つ確実にします。

husemate522.jpg
       フセ・マテ

tatemate522.jpg
       タテ・マテ

そして前回できなかった自発的なフセも、、、

jihatuhuse5223

今日はとうとうクリアよく頑張りました

最後は怖がりさんながら
いつも確実に課題をこなしていくプリンちゃん。

プリンちゃんも小箱の通過と、箱の上のフセに挑戦して、、、

hakotuuka5222.jpg

hu.jpg

見事クリア

さて、アドバンスクラスは余裕があるので、
クリッカーを使って、
フリーの状態からツイテ歩くようにしていきます。
言葉の指示は一切しません。
クリッカーを鳴らしておやつをあげるだけです。
リードを放してフリーにした途端匂いかぎを始めたプリンちゃん。

1kurikku522.jpg
           こちらを向いたのでクリック
 
2soba522.jpg
           そばに来たのでクリック

3mita522.jpg
    また匂いかぎをしたけど、こちらを向いたのでクリック

4mitayo522.jpg
    そばに来てアイコンタクトをしたのでクリック

5tuitekuru522.jpg
   ママが場所を移動したのについてきたのでクリック

6oauwari522.jpg
   オスワリでクリック

7tuitekuru5224.jpg

8tuitekuru5225.jpg

9tuitekuru5226.jpg

どこへ移動してもしっかりついてくるようになったので、
今度は足の真横にツイテ歩いている時だけクリックしておやつを与えるようにして

10tuite5223.jpg

11tuite5222.jpg

足のすぐそばをツイテ歩けるようになって完成です
ママのクリッカーを鳴らすタイミングもよくなってきました

トレーニングを続けていると、ママ達にも余裕がでてきて、
愛犬とコミュニケーションがとれている事を実感してくると思います。
そうなると愛犬とのトレーニングがどんどん楽しくなりますよ



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。